腸内環境

 

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、メタボと略され、すっかり人々の間に浸透しました。

 

メタボリックシンドロームとは、「内臓脂肪型肥満」に加えて、

①高血圧である、

②血糖値が高い、

③HDLコレステロールが低いか中性脂肪が高い、

この3つのうち、いずれか2つ以上に当てはまる状態をいいます。

 

食事によって摂取したエネルギーが、日常生活の中で使われるエネルギーを上回ると、余ったエネルギーが内臓脂肪として蓄積されます。

 

エネルギーが余ってしまう原因は、食べ過ぎや運動不足などのほかに、加齢、筋肉量の減少による基礎代謝量の低下が挙げられます。

つまり、基礎代謝の高かった若いころと同じような食生活を続けていては、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、太ってしまうのです。

 

内臓脂肪がたまると、

脂肪細胞から糖尿病や高血圧症、脂質異常症を引き起こす悪い物質が多く分泌されます。そのため、「内臓脂肪型肥満」の人の多くは、血糖値、血圧、中性脂肪、コレステロール値に異常が出やすくなるのです。

 

これらの危険因子が多ければ多いほど動脈硬化が進行しやすく、脳卒中や心疾患、糖尿病などの疾患を引き起こしやすくなります。

 

最近はパーソナルジムも人気です。食事指導からトレーニング方法を専門家監修の元、スマホアプリを使って生活習慣の見直しや、ダイエット方法を教われます。

こちらの記事が参考になりそうなので、食事方法を見直したい、ダイエットは楽にやりたいという方におすすめです。

 

毎日の食事でメタボ、ダイエットの事を気にせずに、プロの調理した食事で栄養バランスが摂れカロリー計算も気にせず食べられる、そんな食事をご提供いたします。

 

 

 

腸内環境の改善

 

 

納豆は腸内環境のスペシャリスト。納豆菌で作った大豆つまり納豆は腸内の環境を整えるのに最もふさわしい食品といえます。

名前の通り納豆そのものです

納豆の豊富な栄養はもちろん、腸内環境を整えると注目を集めております。これまでヨーグルトなど(乳酸菌やビフィズス菌)であまり実感がなかった人にも是非オススメしたいのが納豆菌です。

食されるのは、女性が多いかと思いきや意外にも男性の方のほうが多く愛用されております。

腸の健康を気にしているのは女性だけではないのですね。

また、納豆という昔からある発酵食品という、わかりやすい安心感が男性に評価されているのかもしれません。

納豆嫌いが男性や関西圏の方に多いのかもしれませんが納豆嫌いの方にも匂いや粘りを気にせずに納豆を食べていただけるよう、様々な工夫が近年なされています。

納豆や納豆菌については様々な研究がなされていますが、調べれば調べるほど納豆は素晴らしい発酵食品であることをご理解いただけると思っております。

乳酸菌やビフィズス菌を摂っていても便秘で悩む方も多いんです。

自分が持っている腸内細菌との相性がありますので、善玉菌が増えたことを実感しにくいこともありますが、納豆菌は自前の善玉菌を増やすことが大いに期待出来るはずです。

老舗納豆屋が国産大豆と納豆菌で作った納豆だけを使った納豆粉末100%のサプリメント。

名前の通り納豆そのものです。

納豆の豊富な栄養はもちろん、腸内環境を整えると注目の納豆菌が3粒で10パック分も摂れるので、これまでヨーグルトなど乳酸菌やビフィズス菌であまり実感がなかった人には、ぜひオススメしたいサプリメントです。

 

その中で地方創生も視野に入れ、良いもの作っている農家の方や生産者の方をサポートし、田舎に人を集め、田舎を残していきたいと考えております。

そういった思いも知って頂けましたら嬉しく思います。

 

 

腸内フローラの救世主!

 

性別、年齢関係なく抱える便秘の悩み、
オリゴ糖の摂取が解決の早道になるでしょう。

「出そうで出ない・・・」
「強くいきまないと出ない・・・」

そんな便秘に悩む方は全国に 30万人以上 いるとの統計もございます。

 

一般的なオリゴ糖は1種類のオリゴ糖だけで作られています。

しかし、腸内のビフィズス菌は30種類以上も存在しておりそれぞれにオリゴ糖との相性があります。

ビフィズス菌のほぼ全てをまんべんなく活性化することが大切な要素です。