お葬式は業者比較をする時代になりました。今までは地元に根付いた葬儀業者に頼んだり、知り合いからの紹介、病院が提携している葬儀業者を利用することが一般的でしたが、利用者が葬儀業者を選ぶようになったのです。

利用者が葬儀業者を選ぶことで葬儀業界に競争が起こるので、高品質、価格が安い葬儀が人気です。

葬儀アドバイザー 佐々木葬儀アドバイザー 佐々木

地元に評判の良い業者があれば困ることはありませんが、一部の地域では地元に葬儀屋さんがいない、良い葬儀業者がどこかわからないという方もいることでしょう。今回は全国規模で葬儀を行っている、よりそうが選ばれている3つの理由を説明します。

よりそうが選ばれる理由1 品質保証と相談できる体制が整っている

よりそうの品質保証

よりそうは葬儀業界では聞いたことのない返金保証サービスを行っている会社です。品質保証サービスを受けるためにはメンバー登録をする必要がありますが、火葬日の5日以内に申し出をすれば基本料金が返還されるサービスです。

費用としてかかったものは返金対象外ですが、よりそうの品質保証は葬儀品質に自信があることの現れです。

よりそうのお葬式は、契約後にあなたの地元の提携葬儀業者に割り当てています。審査に合格した葬儀業者だけ提携しているので高品質を維持しています。

返金保証があるので安心して葬儀をお願いできますね。

今ならweb限定で、資料請求をすれば最大6万円割引です。割引も魅力ですが、パンフレットを確認すれば、葬儀の流れや基本料金に含まれないサービス内容も確認できます。

また、葬儀後のお墓の悩みや仏壇、納骨後の流れも理解できるので一度は目を通して欲しいものになっています。今なら無料の資料請求でエンディングノートもプレゼント中です。

よりそうのサービス向上の取り組み

よりそうの品質向上の取り組み

顧客満足度の低い会社は倒産します。葬儀業界に限らず支持を得られない会社は淘汰されていきます。葬儀は誰でも1回しか行えないセレモニーで、やり直しはできません

やり直しができないからこそ、顧客満足度の高い葬儀をしたい。よりそうの実直さの積み重ねがサービスの品質向上や、満足度の高い葬儀につながっています。

葬儀に関する不明点や疑問点をいつでも解決してくれるオペレーターが常駐しています。安心して葬儀をお願いできる環境が整っています。

よりそうが選ばれる理由2 低価格で葬儀ができる

低価格よりそう

全国の葬儀費用の平均は121万円。ひと昔前までは150~200万円前後が葬儀費用の平均価格でした。インターネットで葬儀業者を比較できるようになってから費用は安くなっています。

葬儀アドバイザー 佐々木葬儀アドバイザー 佐々木

インターネットで、葬儀業者の見積もり比較をする方が増えたことで価格競争が進んでいます。同じサービスなら安い方が良いですし、品質も高ければ満足できるお葬式になることは間違いありません。

よりそうは自社で葬儀式場を持っていないため費用を安くできています。銀行も自動車保険も、損害保険も実店舗を持たずにネット上で運営している会社は費用が安くなりますが、同じ方法を採用しています。

よりそうの葬儀

この説明は少し誤解を招きそうですが、121万円は全てコミコミの金額のはずです。よりそうの費用は基本料金で比較していますが、表示金額だけで追加料金が発生しないように感じてしまいますがそうではありません。

プランは基本料金のみの表示になっており、通夜振る舞いや告別式に食事を用意すれば別で費用はかかりますし、搬送時の距離が遠い場合には追加料金が発生します。

基本料金はお棺や骨壺、祭壇費用の金額です。基本料金と追加料金の線引きがどこになっているのかは資料に詳しく書いてあります。

賢い人は事前に資料請求をして、予算内で納まる葬儀をしています。逝去されてから葬儀屋を探すのでは遅いのです。
【参考:お葬式の資料請求をして感じたこと 私たちは準備不足なのです!

よりそうの葬儀基本プラン

よりそうの葬儀プラン

基本料金は上記のとおりです。これに必要なものを足していきます。

親族や地元、会社関係の葬儀に参列したことがある方も多いと思います。頭の中で葬儀のイメージが固まっている方もいるはずです。イメージどおりにするために家族や親戚とどのような葬儀にするか検討しても良いですし、終活をされている方は自分のお葬式を自分で決めても良いでしょう。

疑問点や不明点があればフリーダイヤルに電話をすればオペレーターが丁寧に回答してくれます。

全国の斎場を利用できる

全国どこでも火葬場はあります。火葬場は地方自治体が運営しているもの、会社が運営しているものがあります。ほとんどの火葬場には斎場(お葬式を行う場所)が併設されていて、斎場を貸してくれます。

全国の斎場を利用できるのは当たり前のことですが、火葬場により利用料が変動することもあります。最寄りの火葬場を利用することが一般的ですが、場合によっては費用を抑えることもできます。

詳しい内容は火葬場一覧をご覧ください。

よりそうが選ばれる理由3 葬儀以外のことも相談できる

よりそうは葬儀以外のことも相談できる

先ほども少し触れましたが、葬儀は葬儀以外にも考えないといけないことが多く、短期間に多くの選択をする必要があります。

例えば
  1. 葬儀に呼ぶ人はどこまで呼べばいいか?
  2. 会社の人を呼ばずに失礼に当たらないか?
  3. 自家の檀家がない
  4. 馴染みのお坊さんがいない
  5. お墓がない
  6. お墓は必要?
  7. 散骨は可能か?
  8. お骨を保管しておく場所がない

日本は宗教離れが進んでいる国で、海外の人は驚くようです。その証拠にお寺と付き合いがある方も減って破綻するお寺が増えています。葬儀のときだけお坊さんを呼んだり、究極になるとお坊さんがお経を読んだ音声を購入して流す葬儀も現れました。

お坊さん便を利用する方は、よりそうを利用する方の50%に上っているということからも日本のお葬式が変わってきていることを象徴しています。近い未来iTunesでお経をダウンロードできる日も近いかもしれません。

お葬式はわからなくて当然 不安があって当然です

葬儀を自分の家から出す機会はそうそうあるものではありません。不安や疑問があって当然です。

ただし、不安があっても葬儀業者に丸投げのお葬式はおすすめしません。理由はお葬式は多様化していて、自分の普通が他人の普通と違うからです。業者と感覚の齟齬が生じると全く予想していなかった葬儀になってしまう可能性もあります。

10年前、誰が録音されたお経で葬儀を行うことを予想できたでしょう?香典を断る葬儀も、料理を振る舞わない葬儀もありませんでした。葬儀も形を変えてコンパクト化しています。

不安があるからいつでも相談できるコールセンターは助かりますし、自分のイメージする葬儀にするために資料請求することが重要なのです。

支払い方法も選択できる

過去のお葬式はほぼ100%現金払いか振込でした。今も現金払いは多いものの、クレジットカード払いや分割払いも選択できるようになっています。

お葬式の支払いでクレジットカードにポイントがつくのも変な話ですが、あえてクレジットカード払いにする方も増えてきています。

お葬式は比較で決める!資料請求で最大6万円割引よりそう