悲しみ

お医者さんに余命を宣告されても、葬儀の事って実感が湧かないですよね。

考えたくない事で家族にとって大事な人とのお別れは耐えがたい現実でしょう。

たとえ覚悟はしていても、受け入れ難い精神状態になります。

 

しかし現実として訪れるご臨終ですの言葉。何も考えられず、手につかない状態にほとんどの人がおちいります。

日常生活の中で考えもしていなかった葬儀に直面したあなたが、まず考えなければいけない事は葬儀費用をどうするかと言う事です。

 

急にあなたの肩にし掛かる葬儀費用を、どなたでも余裕をもって準備できる人はごく少数です。誰もが悩むお金の心配の話をしましょう。

 

 

 

 お葬式でのネックはお金?

 

葬儀費用の平均金額は196万円と言われています。これはあくまでも平均額で、実際の請求額とは違います。葬儀を行った全家庭を件数で割った金額です。

集計の中には火葬のみ・一日葬・家族葬等で葬儀を済ませる方もいます。

そのため、実際の葬儀費用はもっと高くなるのが常です。

 

あなたの家庭を担当する葬儀屋さんによってもかなり違う金額が請求されることもあります。

先づは心に大きく留めておいて下さい。基本葬儀費用は現金払いが基本です。

葬儀終了後、10日以内位までに支払うのが普通でしょう。

矢野さん矢野さん

一般的な葬儀を行った場合、葬儀費用はどんなに削減さくげん努力をしても100万円位はかかってしまいます。費用を削るためには、直葬(火葬だけで済ますこと)・家族葬という選択肢もありますが、それでもお金はかかります。 お香典収入に頼っても黒字になることはまずありえません。わたしの葬儀屋経験でも8割、9割が赤字の葬儀でした。

鈴木さん鈴木さん

葬儀のことなにも解らないし、何から手を付ければよいのか、お金のことも貯金がないので不安で心配です。

矢野さん矢野さん

色々考えられますが、個人の状況も十人十色で確定的なことは言えませんので、いろいろお伺いさせて頂きます。

お手元に十分な資金がないので苦慮しているんですよね?お金を用意できれば何の問題もありませんが、用意できないときの問題ですね。

鈴木さん鈴木さん

あァ、、そうなんです。なにか調達できる方法はありませんか?

矢野さん矢野さん

金融機関からの借入・クレジットカードの発行・分割(ローン返済)という方法もありますが、今後の生活の中で支払いは可能ですか

鈴木さん鈴木さん

生活するにも一杯いっぱいで、借金はできません。

矢野さん矢野さん

松本さん。具体的な方法を鈴木さんに教えてあげてください。

松本さん松本さん

了解しました。説明させて頂きます。

 

 

自己資金以外で葬儀費用をまかなう方法は?

葬儀費用をどう工面

葬儀とは昔から相互扶助の精神で成り立つことも多いのです。一般的に知られているものはお香典です。当然お香典を頂戴すれば、半値返しと言って、頂いたお香典の半額をお返しする習わしです。

 

現在は葬儀の当日に、即日返しとして、お香典の平均額の半値程度の品をお返しとしてお渡ししています。

(会葬者の多くが、5千円から1万円の方が大半ですので、平均的には6,500円位がお香典金額の平均でしょう)

ですので、即日返しの返礼金額として、3,000円程度のものが選ばれております。

※地域・風習などの違いにより異なりますので、参考程度で考えて下さい

 

松本さん松本さん

頂いたお香典でその場で支払う、火葬料やお布施などの費用はなんとか賄えます。お香典は葬儀費用の35%から40%の費用をカバーできると期待できますが、全体から見れば資金は足りません。

 

下記にお見積りした金額から1円たりともオバーしない事を謳った業者が存在致しますので、ご紹介させて頂きます。

先ずは、資料請求されてから、お宅様のニーズに合わせた見積もりを依頼してください。

地域により、火葬費などの価格が異なる場合がございます。

具体的にあなた様に請求される金額です。

家族葬

 

 

公的資金などで葬儀費用を工面する方法は?

公的資金とかで工面する方法はあるの?

 

葬儀費用を工面する方法:プランA
香典以外の収入としては、誰でもが加入している、健康保険(国民健康保険・社会保険)など加盟している保険組合から微々たる金額ですが、5万円から10万円の範囲で支給されます。しかしお役人の考えた仕組みで、振り込まれるまでには時間がかかり、現実として葬儀費用の足しにはなりません。

 

 

葬儀費用を工面する方法:プランB
生活保護受給者であれば、福祉事務所より20万円前後の支給がございますが、街の葬儀屋さんは正直扱いたくない案件です。そもそも受給を受けている方の比率は低いもので、あなたのお宅が受給者とも考えにくいですね。

 

 

葬儀費用を工面する方法:プランC
厚生年金の死亡一時金や会社からの死亡慰労金・退職金が考えられます。あとは個人でかけている生命保険と言う事になります。でもこの条件が整っていれば葬儀費用で悩みませんよね。但し故人の生命保険がなくても、家族のどなたかが生命保険に加入されていれば、解約することなく、解約返戻金の90%まで即借入できます。金利も低く抑えてありますし、余裕のできたときに少額の返済を何回かに分けて返済することもが可能です。

 

 

松本さん松本さん

別の方法で、消費者金融からの借入という手もございますが、金利が高いのでおすすめしません。葬儀式とは故人を悼み追悼する儀式で、その時々で完結してゆかねばならないものです。日常生活の中で、葬儀は決して生産性のある出来事ではありませんので。

 

松本さん松本さん

それでも払えない場合・・・私にも経験があります。葬家から本気で、費用の事を相談されたとき、わたしも何とかしてあげたいと思ってしまいました。

あなたも、本気で事前に葬儀屋に相談する方法が最良の解決策だと感じますよ。

 

さまざまな人の相談を受けてきた葬儀社です。きっとあなたの困っていることも解決してくれるはずです。 はじめに葬儀費用を抑えたい旨を誠実に伝えると、あなたに合った個別プランを提案してくれるはずです。期待しましょう‼

 

葬儀で負の遺産を残すことは、故人も決して喜ばないのではないでしょうか?生活の中で、葬儀に対し消費者金融からの借入を考えたあなたは、生活面でもギリギリの状況と判断できます。その生活が葬儀の事で、生活のバランスを崩してしまっては、元も子もありません。

 

ギリギリのバランスを崩さないで執り行わないと、後日お見送りしたことへの後悔が出来てしまう事にもなりかねません。

葬儀は、あなたの満足の気持ちで執り行う事が重要で、見栄で行うものでは決してありません。ここで素人考えはやめて葬儀屋の知恵を借りましょう。

今のあなたが想像できないような提案を示してくれる可能性は高いんです。

 

先ずは無料の葬儀の資料請求することをおすすめします。パンフレットは写真付きで祭壇が掲載されていますし、火葬式の場合の費用の記載もされています。あなたの理想に合うものをチェックしてから葬儀社に連絡するのが良いでしょう。

今火葬式(直葬)の記事を書いていますので、暫くお待ちください。尚7つの葬儀の行い方として、直葬にも触れた記事がございますので、ご案内いたします。

【 お葬式/7つの種類に分かれる葬儀を解説 】

松本さん松本さん

突然電話しても、お互いがイメージしているものが違うこともあるんです。パンフレットがあればお互いのイメージがズレることも少なく、葬儀後のトラブルを回避することにも一役買ってくれますよ

 

一番の解決策は、葬儀社を決めてから『この金額しか支払えない』ことを説明しておく必要があります。

あなたの予算が少なければお葬式はダウングレードされますが、借金する必要性があるのか?ないのか?できないのか?を念頭において消去法で考えていきましょう。

場合によっては慎ましいながらも10万円前後で葬儀一式をまかなえることもあります。

あなたの意志をしっかりと葬儀社に伝えることが重要です。

今小さな葬儀を専門的に提唱している、全国展開の葬儀サポートサイトがございますので、ご紹介させて頂きます。

火葬式から家族葬まで積極的に取組んでいるサイトです。あなたの今のお悩みも一挙に解決できる可能性が大きいです。

小さなお葬式

具体的な予算と現状を語り、理解して頂きましょう。ここで約束されたことは必ず実行されます。

 

 

葬儀費用がない場合の工面方法まとめ

相談できる葬儀屋を探すことが解決策です

どう頑張っても、お金が集まらず、葬儀見積金額の全額を用意できない恐れがあるときには、葬儀社に再度の見積もりをお願いしましょう。

 

矢野さん矢野さん

葬儀の場合見積もり=契約ではありません。時間が押し迫って、焦る気持ちは痛いほど分かりますが、基本的な処置(ご遺体保持のためのドライアイスなど)以外、そんなに慌てることはありませんよ。見積りの再検討位は充分にできます。

 

松本さん松本さん

検討内容は、予算の中で何を削るかです。(返礼品の金額・料理の見直し・お布施の金額・祭壇の見直し・柩の見直し)など価格変更は思いのほか、大きな金額になるものです。葬儀社もあなたの真剣な態度を見れば、応援したい気持ちが湧いてくるものです!

 

 

矢野さん矢野さん

市町村サイドで行政サービスとして、お金ではなく、物品での提供や支援をしてくれる場合もあります。葬儀屋さんは、出来ればそうしたサービスを使いたくないのが心情ですが、ご葬家が依頼すれば、行政サービスの一環ですので、受け入れてもらえます。市町村役場に尋ねることも大切です。

 

葬儀アドバイザー 佐々木葬儀アドバイザー 佐々木

それでも資金が足りない場合には、直葬による火葬式を検討してみてください。火葬式でも、火葬炉前での読経も可能ですし、お棺へのお花入れもできます。一旦おうちに帰って頂いてから、火葬場に向かう事も出来ます。残された遺族は今後も生活をしていく必要があるので、『あたなにとって無理のないお見送り』をすれば故人も喜んでくれるはずです。

葬儀アドバイザー 佐々木葬儀アドバイザー 佐々木

昔から無い袖は振れないといわれています。葬儀が終了してから、費用が不足しているなどの相談は、最悪のシナリオです。信頼関係など築く事はできません。資金が不足しているときほど、事前の相談をしましょう。なお近年ご葬家が、毎月負担なく支払いのできるプランを用意している葬儀業者もあります。出来れば亡くなってから行動するのではなく、何日か前でもよろしいので、事前の葬儀見積が出来れば、葬儀業者にとっても、ご葬家にとっても余裕が出来安心が広がります。