ウイルスの恐怖

これまでの感染症と違い、症状が軽く発症に気づかないうちに人から人に感染してしまう。また感染力が強く7月8月の夏になれば自然に鎮静するかどうか分からない厄介なウイルスと言えます。

この新型コロナウイルスによる世界経済の打撃はリーマンショックを凌ぐと予想され、期間も長期化することが懸念されています。

葬儀への影響(弔問者・施主)両面から考える

危ない

安部さん安部さん

隣のご主人が亡くなり葬儀の日程が決まったようですけど葬儀に参列するべきかどうか悩みますね

伊藤さん伊藤さん

この町会の規定ですと、町会で香典を包み代表が参列する決まりでした

安部さん安部さん

世間で騒がれている新型コロナウイルスなんて私は気になりませんけど、果たして行って良いものかどうか?

葬儀アドバイザー 佐々木葬儀アドバイザー 佐々木

ウイルスは目に見えないもので、高齢者は感染すると重症化しやすいことから葬儀業界も頭を悩ませています。
火葬だけ先にして、後日葬儀をお別れ会のような形でやる遺族の方や遺族だけの家族葬に切り替えている葬家もいらっしゃいます。
参列しないと失礼に当たるのではと感じる方もいらしゃるのではないですか、『参列するときは早めに帰宅する』『マスク、手洗い、うがいを徹底する』など
対策を取れることはあるので、冷静に判断してください。
例えば、参列せずに弔電を依頼するとか、お香典付き弔電にするとか、供花を手配するとかの方法も考えられます。
柔軟に対処されますことを願っております

鈴木さん鈴木さん

佐々木先生、もし反対に葬儀を行う側だとしたら、どう考えればいいですか?

葬儀アドバイザー 佐々木葬儀アドバイザー 佐々木

いい質問ですね!その点が大切ですね。
参列者の立場でさえ悩むことなのですから、お葬式を出す遺族とすれば悩みはもっと深いと思います。
第一に考えなければいけないことは、大勢の皆さんの安全です。遺族をはじめ参列されるであろう方々の事です。
親戚・職場・学校・町会の方々にハッキリとした言葉で、今回の葬儀で皆様にご迷惑をお掛けしてしまう恐れがございますので今回は家庭葬で執り行います、ご参列の儀はご遠慮のほどお願い致します。
故人様には、ご家族様が思いを込めた時間を費やしてください、発想の展開でいい葬儀になると思いますよ。

今回の新型コロナウイルスの一部内容が分かってきましたが、依然詳細に関して不明の点が多いようです。

但しこの新型コロナウイルスで死亡された場合、葬儀どころか遺族に会う事もなく直ちに火葬場へ直行して荼毘に処せられます。

あなたへの影響

TVのニュース日経平均株価が下がったとか、円高になったとか・アメリカのダウが下がったとか・イタリアの観光客がいなくなったとか・中国で製品の生産が出来なくなったとか・様ざまなニュースが報じられておりますが、直接我が家には関係ないと思っていませんか。

国民が楽しむことを自粛して、家庭内に引き籠もる生活が大勢を占めたとき、消費の落ち込みで莫大な金額の経済損出が生じ、どの様な業種の会社でもう売上が急降下する恐れがあります。

お勤め先の会社も他人ごとではございません。『人材採用の見送り・設備投資の見直し・ボーナスカット・給与削減・経営破綻』現実お葬式にお金を投入することが、生活の負担になることも十分認識されることが大切です。

今以降どう変化する葬儀事情

いま新型コロナウイルスの問題で世間は大騒ぎですが、夏になれば収束するのか否か判明していません。終息しない限りウイルスは一年中存在するそうです。期待は人間の免疫力が高温多湿の日本の夏に助けられ向上することです。また日本で終息したとしても再度ウイルスの輸入で発生する恐れもあります。

この問題が沈静化したとしても、一度できた葬儀の流れはそう簡単に変えられないものです。

現に過去にはお葬式に対する考え方が変化を及ぼしてきた要因がありました。

葬儀の変化原因変化の要因結果生じた現象
生活環境・情勢大都市への集中化・大所帯から核家族化へ親戚付き合いの希薄化・地域住民との繋がりの欠如
  々都市化の流れで狭小住宅葬儀式場での葬儀が当然になってきた
  々インターネットによる情報が容易くなる地域の葬儀社に拘る必要がなくなり不透明な葬儀費用が明確になってきた
友人葬の提唱僧侶の読経に疑問符が値段の分かりづらい戒名代に注目
  々一般葬の件数が減少参列者の人数の減少傾向
家族葬の定着化お香典を受ける・辞退の判断コンパクトお葬式になってきた
新型コロナウイルスの発生世の中の人が感染の危険を感じているなるたけ家の中で帰結させる傾向に為るのではないでしょうか

お葬式をどう執り行うかは時代とともに変化してきました。

今後のお葬式は、遺族で執り行うもので決して後継者のお披露目の場ではない。

葬儀の式場は自宅で十分可能となります。

本来の葬儀のように通夜式は時間を気にすることなく家族で故人を囲んで語り供養できる、また告別式はご自宅からのご出棺となり、今まで家に帰りたいとの願いが叶わなかったケースも思いを残すことなく旅立てるでしょう。